ねこ太のいきいき充実生活!

低価格で満足のいく子供用品や節約術に関する話題がメイン!たまに趣味のマラソンに関しても記事を書きます(*^^*)

ベビーゲートは人工芝で作成可能!?『人工芝バリケード』の紹介!

こんにちは。ねこ太です(*^^*)

 

わが家にはとても元気&とてもやんちゃな1歳7か月の息子がいます。

 

毎日家の中をあちこち駆け回っては、手が届くようになった机・台の上に置いてあるものを落としては噛み・投げと、とても忙しそうにしております(^^;)

 

ですが、そんな息子は、私たち夫婦の癒しでもあり、宝物でもあるのです(´ー`)

 

息子は歩き出しも早く、私たち夫婦を大いに喜ばしてくれました。

 

しかし一方で、現在もですが、私たちを悩ませる問題がありまして…。

 

その問題がこちら!

 

『危ないものを触りたがる&危ない場所に行きたがる』

 

今回は、我が家で実施しているこちらの問題に対する「手軽だけど効果ありな対策」を紹介したいと思います!(^^)!

 

 

子どもを危ない場所に近づけさせないために!

 

子どもを見張るのはとても大変(>_<)!

  

  • キッチンの引き戸を開けられ、ものを出される。
  • キッチンの上に置いてあるものを何でも落とそうとする。
  • テレビをバシバシたたかれる。
  • 階段を昇ろうとする、降りようとする。

 

好奇心旺盛な子どもがとる上記のような行動に困っている方はとても多いのではないでしょうか(._.)?

 

ですが、子どもは危ないもの・場所がわかりません

 

また、子どもは壊してはいけないものがわかりません

 

そんな好奇心オンリーで行動する子どもに、親はみんなハラハラ・ソワソワしていることでしょう(^^;)

 

  • ケガをしてしまっては大変。
  • 事故が起きてしまったら大変。
  • ものを壊されてしまったら大変。

 

ですが、子どもを四六時中見張るのはとっても大変…。

 

どうにかならないかしら…(T_T)

 

市販のベビーゲートを紹介!

 

子どもに対する問題・悩みは、親ならば誰でも持つ問題・悩みであることが多いです。

 

ということで、『子どもが危ない場所に行ってしまう』という問題・悩みに対する対策グッズを調べてみたのですが、以下の通りたくさんあるのですね(>_<)!

 

確かに、ゲートや柵をつけることで、私たち大人の生活は不便になると思われます。

 

ですが、子どもが危険な目に遭う、ものを壊されてしまう可能性はガクッと下がります。

 

対策グッズの中には、ものによっては多少高価なものもありますし、これらの対策グッズが不必要になるぐらい子どもが大きくなった時、処分に困ることもあるかもしれませんが、効果は抜群なので購入しておいて損はありません

 

“こどものために”ぜひご検討ください(*^^*)

 

『人工芝バリケード』の紹介!

 

と、対策グッズについて紹介させてもらいましたが、実はわが家ではこれらの対策グッズは使用しておりません(^^)

 

なぜなら、対策グッズよりもはるかに安く、どこでも購入できる“あるもの”を使えば子どもの侵入を防ぐバリケードを簡単に作ることができるからです(*^^*)

 

その“あるもの”とはこちらになります!

 

『人工芝』 

100円ショップに売られているもので問題ありません!(^^)!

 

というより、100円ショップで売られているような、いかにも『人工物』であるほうが都合が良いです(>_<)!

 

それではさっそくこちらを使って子どもの侵入を防ぐバリケードを作ってみましょう!

 

人工芝バリケードの作り方!

 

バリケードの作り方は簡単です!

 

  1. 人工芝を買ってくる。
  2. 人工芝をつなげる。
  3. それをひっくり返し、敷く。

 

以上です!(^^)!

 

たったこれだけで子どもが人工芝の上を歩き、危険な場所に侵入することを防ぐことができます(*^^*)

 

踏むと痛いからね…(^^;)

 

人工芝の裏側はとてもイガイガしており、試しに踏んでみればわかりますが、痛いです(>_<)

 

f:id:nekota_ymy:20190803230151j:plain

 

なので、子どもも近寄らないってわけ!

 

とても便利だと思いませんか(*^^*)?

 

ですが、市販のバリケードほど効果はありませんので、子どもがその痛みを我慢して人工芝バリケードを超えてくることもあるので、その点はご了承くださいm(__)m

 

なので、絶対に侵入されてはならない場所へは市販のバリケードを、あまり入ってほしくない場所には人工芝バリケード使ってはかがでしょうか(^^)?

 

まとめ

 

子どもを事故から防ぐためにも危険な場所へはバリケード・柵を設け、子どもの侵入を防ぐ必要があります。

 

ですが、市販のバリケードはお金もかかる上に、大人の通行にも不便な点が多いため、家中あちこちにバリケードを設けることには少し抵抗があるかもしれません。

 

そんな時は『人工芝バリケード』が大変おすすめです!

 

市販のバリケードほど強力ではありませんが、子どもの侵入を防ぐことができますし、大人なら、人工芝バリケードを跨ぐことは容易いので邪魔に感じません。

 

それに、そこらの100円ショップで購入することができるため、とても経済的です。

 

『人工芝バリケード』ぜひお試しください(*^^*)!

 

f:id:nekota_ymy:20190514214419j:plain

 

それでは、当記事は以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!(^^)!

 

ねこ太🐈

 

※おまけ※ 子どもに関する記事の紹介!!

 

当ブログでは、赤ちゃん・子どもに関する記事をたくさん書いておりますので、ぜひ以下よりご覧ください(*^^*)

 

便利グッズの紹介・おもちゃ・悩みに関してまとめておりますので、どうぞよろしくお願いします!(^^)!

 

www.nekota-ymy.com