ねこ太のいきいき充実生活!

低価格で満足のいく子供用品や節約術に関する話題がメイン!たまに趣味のマラソンに関しても記事を書きます(*^^*)

「熱くて泣ける」スポーツマンガ・アニメ3選!!(ぜひ読んでみてください(>_<)!)

こんにちは。ねこ太です(*^^*)

 

泣けるマンガ・アニメは数あれど、「熱くて泣けるマンガ・アニメ」は、そうそうありません

 

今回は、私が今まで読んで・観て『熱くて泣いたスポーツマンガ・アニメ』を3作品紹介したいと思います(*^^*)

 

始めに言っておきますが、私が泣いたスポーツマンガ・アニメはこの3作品のみです!

 

それではいってみましょう!!(^^)/

 

 

熱くて泣けるスポーツマンガ・アニメを紹介します!

 

【泣ける度70!】『SLAM DUNK』

 

私が高校生の時、始めて「熱くて泣いたマンガ」がこちら!

 

『SLAM DUNK』

 

【泣ける度】 70/100

【面白さ】  100/100!!

【読みやすさ】100/100!!

 

私の感想

 

週刊少年ジャンプにて1990年から1996年に連載された、「井上 雄彦」著の少年漫画になります(*^^*)

 

高校からバスケットボールを始める不良少年「桜木 花道」の挑戦と成長の物語は、毎巻読者を楽しませてくれることでしょう!

 

登場するキャラクターの表情、しぐさ、感情がとても人間味溢れており、あなたはきっと話を読み進めるにつれて、彼らにまるで『本当の仲間』になったかのような親近感を抱くことでしょう!(^^)!

 

マンガ内で描かれるバスケットボールの試合も笑いあり、ドラマありの大変密度の濃いものになっており、「バスケットボール」のルールを知らない読者でも問題なく読み進めることが可能です。

 

「諦めたらそこで試合終了だよ。」

 

マンガ・アニメ界にとどまらず、まるで一般常識のように有名なこちらの名台詞が「なぜ名台詞になりえているのか?」

 

『SLAM DUNK』を読んだことのない方には、ぜひとも手に取って読んで・いろいろと感じてもらいたいものです(*^^*)!!

 

『SLAM DUNK』の魅力

 

  • 個性豊かな、魅力的なキャラクター。
  • 笑えるコマもとても多い。
  • ページをめくるたびに伝わる臨場感。
  • 強敵から受ける絶望感。

 

【泣ける度80!】『弱虫ペダル』

 

私が「熱くて泣いた」マンガの2作品目はこちら!

 

『弱虫ペダル』

 

【泣ける度】 80/100

【面白さ】  90/100!

【読みやすさ】80/100

 

私の感想

 

週刊少年チャンピオンにて2008年から連載されている「渡辺 航」著の少年漫画になります(*^^*)

 

高校からロードバイクを始めるオタク少年「小野田 坂道」を始め、主人公の所属する総北高等学校のメンバーの熱い挑戦物語は、毎巻読者を話に引き込ませること間違いなし!

 

社会にロードバイクブームを巻き起こした名作マンガでもあります。

 

私自身『弱虫ペダル』を読むまでは「ロードバイク?なにそれ?」な状態であったにもかかわらず、マンガを読み進めるにつれ、主人公たちのように自転車に乗って「風を感じてみたい!」「山を登ってみたい!」「スピードを突き詰めてみたい!」と思うようになりました!(^^)!

 

そしてこちらのマンガですが、とにかく「登場するキャラクターがみんな熱い!!」です(>_<)!

 

登場人物の全員が、強い“想い”を持って、それぞれの正義、信念を糧に、“勝ち”を掴みに行く

 

そんな姿にあなたはきっと涙すること間違いなしです(*^^*)

 

現在も連載中ですが、主人公が1年生の第1部が大変おすすめです。

 

とても読みやすく読者を飽きさせないマンガなので、ぜひ読んでみてください!

 

『弱虫ペダル』の魅力

 

  • 熱いキャラクター!
  • 大変魅力的なライバルチーム。
  • ロードバイクについて学ぶことができる。
  • 読者にも「ロードバイクをやってみたい」と感じさせる影響力!

 

【泣ける度100!!】『風が強く吹いている』

 

私が「熱くて泣いたマンガ・アニメ」の3作品目がこちら!

 

『風が強く吹いている』 kazetsuyo-anime.com

 

【泣ける度】 100/100!!

【面白さ】  90/100!

【観やすさ】 90/100!

 

私の感想

 

2006年に新潮社により刊行された「三浦しをん」著の小説をもとにした「箱根駅伝」を舞台としたアニメになります。

 

もうね…、正直『SLAM DUNK』『弱虫ペダル』とは比にならないぐらい泣きましたよ…(´ー`)

 

アニメは全24話で構成されているのですが、後半12話は全話泣いていたと言っても過言ではないぐらい「熱い」です(>_<)

 

主人公が所属するチームメイト10名には、それぞれにしっかりとした個性があり、ドラマがあります。

 

彼らがなぜ「走るのか?」

 

走ることで「どうなることができるのか?」

 

ストーリーが進むめば進むほど、あなたはきっと「走ること」に関していろいろと考えさせられることでしょう(*^^*)

 

そして、アニメを見ていて思ったことは「あれ?今週のお話しはもう終わりなの!?」ということ。

 

30分間のアニメがとても短く感じられ、全24話のアニメはまだまだ続きを見ていたい。

 

そんな「終わるのがもったいない」アニメでした。

 

走ることに関して興味がない方もぜひ一度観てもらいたいアニメです!(^^)!

 

傑作ですよ!

  

『風が強く吹いている』の魅力

 

  • 長編アニメでありながら視聴者を全く飽きさせない。
  • 登場人物全員にドラマがある。
  • 絵がきれい。緊張感・臨場感が伝わってくる。
  • 心の底から応援したくなるキャラクターたち。

 

まとめ

 

今回は私が今までの人生で「熱くて泣いたマンガ・アニメ」を3作品紹介させてもらいました。

 

これら3作品の共通点はずばり「個性豊かなキャラクター」なのかなと思います(*^^*)

 

共感するポイントが多い、愛らしい性格のキャラクターはそれだけで親近感が湧きますからね。

 

そんなキャラクターが頑張っている姿を見て、あなたはきっと胸が熱くなり、涙があふれること間違いありません!!(^^)!!

 

今回紹介したマンガ・アニメは「漫画」「アニメ」「小説(風が強く吹いているのみ)」でも出版されておりますので、「漫画は苦手」「アニメは嫌い」という人でもこれらの作品に触れることができますよ!

 

ぜひ1度読んで・観てみてください(*^^*)

 

それでは当記事は以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

 

ねこ太🐈